FAQ

Diconについて、よくいただくご質問をまとめました。

不動産管理会社向け、多言語コミュニケーションツールです。
以下の特徴により入居者とのやりとりにかかる時間を大幅に削減し、その他の業務に時間を活用することを目指したチャット・SMSサービスです。
下記のような特徴があります。
・時間問わず、どの端末からでも利用可能
・入居者の使用言語に合わせて自動翻訳
・SMS一斉配信によるお知らせ
詳しくは、こちらのページに記載があります。

いいえ。ソフトのインストールがいらず、ブラウザのみでチャットやSMSが利用できるサービスです。

Diconの現在対応できる言語は、
日本語(日本)、簡体語(中国・台湾)、韓国語(韓国)、英語(香港・アメリカ・オーストラリア・フィリピン・シンガポール・イギリス・カナダ)、スペイン語(スペイン)、フランス語(フランス)、ドイツ語(ドイツ)、イタリア語(イタリア)、ポルトガル語(ブラジル・ポルトガル)、ロシア語(ロシア)、ヒンディー語(インド)、タイ語(タイ)、マレー語(マレーシア)、インドネシア語(インドネシア)、ベトナム語(ベトナム)、ネパール語(ネパール)になります。

はい。1ヶ月間無料でお試しできるプランがございます。こちらよりお申し込みください。

チャットは双方向の会話、SMSは管理者様からの配信のみに対応しています。
入居者様と会話をしたいときにはチャット(※1)、複数人へのお知らせを送りたいときにはSMSをご利用ください。

(※1) 管理者様からチャットを開始するためには、SMSでチャットURLを送る必要があります。チャットURLの送り方については「入居者様にチャットで連絡して欲しい時はどうすればいいですか?」の質問をご覧ください。

はい。標準設定の「入居者」、「オーナー」、「物件名」、「部屋番号」のラベルは用途に合わせて自由に変更できます。
あらゆる社内外のコミュニケーションや連絡業務をデジタル化したいと考えている会社におすすめです。

「Diconライト」、「Dicon」、「Diconゴールド」の3種類をご用意しております、プランによって料金が異なります。 お客様に合わせた最適なプランをご案内致しますので、一度お問い合わせください。